子育て

食物アレルギーを怖がらない 離乳食の進め方のおすすめ本レビュー

卵で一度アナフィラキシー症状が出たことがある上の子
離乳食を進めるときも新しい食材を試すたびにドキドキしながら進めていました(;・∀・)

下の子の離乳食をスタートさせても卵や牛乳は与えるのが怖くて、ちょっと湿疹が出たら気になって気になって…
なかなか進めずにいました。

そんな時、小児科の先生が貸してくれた離乳食の本。

アレルギーの知識も書いてあり、離乳食を進めるのにとても参考になったので紹介しますね(*´ω`*)

食物アレルギーをこわがらない!はじめての離乳食

 

アレルギーで命に関わったらどうしよう?

湿疹があるからアレルギー体質では?

など赤ちゃんのアレルギーに関することの疑問への回答やスキンケアの方法まで詳しく書いてあります。

詳しい説明の目次

・乳幼児で命にかかわることは極めてまれ。少し、肩の力を抜いてみませんか

・赤ちゃんの原因で多いのは 卵・乳・小麦。でも、9割は小学校までに治ります

・アレルギーの子に湿疹は多いけれど「湿疹=アレルギー体質」ではない

・アレルギーを悪化させないために湿疹を治すことが大切です

・基本のスキンケア ①肌を清潔にする ②肌を保湿する

・赤ちゃんの湿疹・アトピーによく処方される薬

・湿疹、うちの子の場合

・伊藤先生教えて!食物アレルギーQ&A

離乳食のはじめ方・進め方

アレルギーがこわいと離乳食事態をおそく始めたりしたくなります。

食材別にいつ始めるのか?量はどのくらいから与え始めるのか?調理方法は?

どんな症状が出たら病院を受診したら良いかなど、写真付きでとても詳しく書いてるのですごくわかりやすいです。

一食分の目安量やレシピも書いてあります

1食分の目安や、例えばヨーグルトの量50gに対応する牛乳やチーズの量まで書いてあります。

写真で掲載されているのでパっと見でわかるのも助かります。

また月齢別の簡単レシピも書いてあるので参考になります。

甲殻類・軟体類・貝類の食べ始めの時期

大人でもアレルギーの多い甲殻類・貝類・軟体類の栄養素や食べ始めの時期も詳しく書いてあるのでわかりやすいです。

赤ちゃんの診断と治療

食べてすぐ出る症状から時間がたって出る症状などアレルギー症状はさまざま

アレルギーと診断された後の経過や体験談なども掲載されています

「あわてない」ために知っておきたい 赤ちゃんの診断と治療の目次

・アレルゲンは血液に入って全身に運ばれるためさまざまな症状が起こります

・「食物アレルギーかも?」と思ったら、病院で診察を受けましょう

・検査で「陽性」と反応が出ても食べて症状が出ないことも多いです

・食べられるようになっていないか病院で定期的に確認しましょう

・食物アレルギー びっくり体験記

・食物アレルギーの子の成長インタビュー

離乳食をこわがらず進めよう~

この本を読んで、アレルギーの観点から見た食材の始め時や量に沿った離乳食の進め方を知ることができたので、

重い腰をあげて卵や牛乳などこわがらずに進めることができました。

文字もそこそこありますが、写真での解説が多いのがとっても助かります^^

安心して離乳食を進めたいお母さんにおすすめです^^

 

2019/7/12 改訂版が発売予定

もうすぐ改訂版が出るようなので、これから買われる方はこちらが良いと思います?

created by Rinker
主婦の友社
¥1,320 (2020/08/10 02:40:07時点 Amazon調べ-詳細)
[clink url="https://mama-hacker.com/archives/11176"] [clink url="https://mama-hacker.com/archives/7118"]


にほんブログ村 子育てブログへ


楽天room

-子育て
-, , , , , ,

Copyright© ママズハッカー[mama's hacker] , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.