ピックアップ

家電量販店では教えてくれないパソコンの選び方~Window10搭載ノートPCへの買い換え

Windows7のサポートが来年1月に切れてしまうことで、Windows10へアップデートやこれを機に買い換えを検討しているけれど、何を選んだら良いかわからないという娘の友達のお母さん。
我が家のPC好きな旦那にPC買い換えのポイントを伝えたら大変喜ばれました。


Windows7のサポート終了は2020年1月14日


旦那がPCに詳しい為か、これからアップデートする場合の方法やどんなPCを買ったら良いのかと相談されることが多くなってきた今日このごろ。

また家電量販店でスペックの割に値段が高いPCを買わされていた旦那の友達がいて驚きました。(一部だと思いますがびっくりです・・・)
今、家電の店員さんは利益優先でPCをおすすめする場合が多いらしく…

\高い買い物なので納得したものを購入したい!

パソコンを買いたいけれど何を選んで良いかわからない方が、一部の家電量販店で損するような買い物をしてほしくないという思いから、新しくパソコンを購入する場合、失敗しない為のポイントを旦那にまとめてもらいました。

マウスコンピューターWindows10に買い替えをオススメする理由


PC選びの基準は、「予算」「用途」「大きさ」を決めることから


最近ではノートパソコンが多くなっていますので、ノートパソコンを基準にお話をしていきたいと思います。

予算と用途を決めよう

まずは、予算から決めましょう。
ノートパソコンの場合、大体性能によって目安の金額があります。

・7万円以下
8~15万円
15万円以上

おすすめは8~15万円

オフィスソフト(エクセル・ワード)や写真加工ソフト、アルバム、年賀状印刷などを利用する場合には、8~15万円内のパソコンが快適です。

Windows10の動作を快適に使おうとすると、Windows7の時よりもパソコンのスペックが高くなります。

ソフトウェアも快適に使うには、やはり10万円前半は投資した方がよいと思います。
(でも10万円以内でおさめたいところです…嫁)

また、価格も10万円を超えてくると選べるパソコンも多くなり、より用途や大きさ、デザインも好みに合わせて選択できるようになります。

7万円以下になると価格差以上に性能が悪くなる。

ノートパソコンの場合、7万円以下のパソコンはあまり性能が良いとは言えません。特にCPUの処理速度が遅いものが搭載、記憶媒体はHDD(ハードディスク)が多い印象です。

ネットで調べものをしたり、youtubeで動画を見たり、ネットショッピング、メール、SNS、子どもの学習用とかであれば、問題はありません。

15万円以上のノートパソコンは、ビジネス用途で極薄軽量であったり、3Dのゲームや動画編集、フォトショツプなどのソフトウェアの要求条件が高いものを使わない限り必要はありませんので、今回は説明は省きます。

マウスコンピューター10万円(税別)以内で買えるノートパソコン特集

パソコンの大きさ(画面サイズ・重量)を決めよう

画面の大きさですが、一般的なサイズといえば、15.4インチというサイズが昔からよくある大きさです。
また最近では、14インチが主流になりつつあります。

重さについては、大体 重いもので2.5Kg軽いもので1Kg前後になります。
ただし、軽く薄いほどノートパソコンは高くなる傾向があります。

デスクトップのように、ほとんど利用する場所が変わらない場合は重くても構いません。
また、15.4インチの方が画面が大きい分、見やすく、作業もしやすいと思います。

家の中でも頻繁に移動させて使う膝の上で使う場合には、重さは軽い方が良いと言えます。
おすすめは1.5Kg以下

特に膝の上で使う場合、2Kg程度あるものだと、足等の疲労度が高いです。
また、画面は14インチの方が使い勝手は良かったです。


パソコン選びのチェックポイント


ご自身の 予算、 用途、大きさが大体決まったら、ここは押さえておきたいポイントがあります。

  1. 記憶媒体が、SSD
  2. CPUの種類
  3. メモリの容量
  4. DVDドライブ搭載か否か

1.記憶媒体がSSDであること

SSDとは、ソリッドステートドライブの略で、ハードディスクドライブに変わる現在主流の記憶装置です。

SSDの特徴は、「書込・読込の速度が早い」「消費電力が少ない」「軽量」です。
従来のHDD(ハードディスクドライブ)に比べ、2倍~10倍の速度差があります。

CPUやメモリをいくら良いものを搭載していても、記憶媒体の部分が遅いと、記憶媒体の速度がパソコン全体の速度を左右してしまいますので、ここはSSDを選択してください。

SSDのデメリットとしては、容量が少なくなる傾向があります。
HDDだと1TBとかが搭載されているものが多いですが、SSDだと256GB~512GBが多いです。

Windows10本体が約100GB程度を占有するので、写真や動画の保存エリアは256GBのものだと150GB程度になります。

もし大量の画像や動画を保存したい場合には、外付けHDDを購入されると良いと思います。(外付けHDDを買うことになってもSSDにするべきだと思います)
クラウドサービスを利用するのも良さそうです(*^_^*)

2.CPUの種類がインテルならi5以上、AMDなら Ryzen5以上がおすすめ

CPUの種類ですが、Intel(インテル)とAMD(エーエムディ)いう会社のプロセッサシリーズが搭載されています。

その中でオススメとしては、

Intelプロセッサの場合は、i5またはi7と書かれているもの
AMDプロセッサの場合は、Ryzen5またはRyzen7と書かれているもの


が良いと思います。

i3やCerelonはネットサーフィン時にも体感出来るほど、処理速度が遅いです。
低価格帯パソコン向けのCPUですので、可能であれば、選択肢から外した方が良いです。

○○コア、○○スレッド、○○GHzという記載がありますが、数値が高いほど性能が良いのですが、ノートパソコン用のCPUだと、そこまで気にしなくて良いです。

ちなみにIntelとAMDの違いですが、若干AMDの方が発熱量が多い傾向があります。
熱を持つとCPU自体の処理速度が落ちますので、膝の上で使う場合や長時間使う場合には、Intelの方が良いのではないかと思います。
ただ、AMD搭載PCの方が若干安いです。

マウスコンピューター期間限定セール

3.メモリの容量は、8GB以上

Windows10は、比較的メモリの使用量が多いアプリケーション(ソフトウェア)が多いです。
インターネットブラウザでも占有されるメモリ容量は多く、4GBだとメモリ不足になる場合があります。
今後のアップデート等を考えても、8GBはあった方が良いと思います。

4.DVDドライブが搭載されているかどうか

最近はDVDドライブがないパソコンが増えてきています。
動画は、ストリーミングでネット視聴が増えてきていること、ソフトウェアもダウンロードしてインストールする場合が多いことが要因ですが、ただ子供がいるとどうしても「しまじろうのDVDを見る!」ということなどがあるかと思います。

見る頻度が高い場合は、搭載されているものを、頻度が高くなければ非搭載モデルを購入し、別にUSBで繋げる外付けDVDドライブを購入するのも手かと思います。

DVDドライブが搭載されているものを購入する場合のデメリットとしては、
価格が1万円ほど高くなる。
ノートパソコン本体が分厚く、重くなる。

外付けのDVDドライブは、2,000円前後で購入できるので、搭載PCの値上がり分よりは安くなります。
(USB接続するだけで使えます。DVD書込できるタイプもあります。)


パソコン買うなら、家電量販店?ネット?


購入するなら、おすすめはインターネット通販です。

メーカー系でもオフィシャルのネット販売の方が安い場合が多く、年末などはキャンペーンで2割くらい安い場合もあります。

台湾や韓国、中国などの海外メーカーだとAmazonが安い印象です。
※何かあってもAmazonへ返品できるのも良い。

また、家電量販店でも良いのですが、勧められるものを鵜呑みにして購入してはダメです。

いくつかの家電量販店でヒアリングをしましたが、店員さんの専門的な知識は薄い印象で、おすすめされるパソコンの多くは自身が伝えた希望からはちょっと違う内容(おそらく店舗が売りたいものを勧めてくる印象)でした。

さらに、不要なものまでセットにされたりしますので、家電量販店等で購入される場合には、PCのスペックやセット物が必要かどうか良く吟味してください。

セットだと安いイメージを抱きやすいですが、そこまで使わないものだったり、解約が難しいものだったり、ネットで買えば安い場合もあります。

家電量販店でもネット購入でもあまり変わらないのは、Appleのmac製品です。
macならどこで買っても変わりません。


で、結局どのパソコンがいいの?


パソコンメーカーも種類も多くて調べるのも面倒!具体的にどんなのが良いのか教えてよ!っていうことも良く相談されましたので、いくつかピックアップしておきます。

楽天マウスコンピューター
created by Rinker
ヒューレット・パッカード HP Pavilion 15-cs3000
created by Rinker
デル New Inspiron 15 3000 プレミアム(SSD搭載)
created by Rinker

などなどです。

おすすめがなぜ日本の有名メーカー製ではないのか?

日本の有名メーカー製ついてですが、いくつか購入をした経験から、以下の点でオススメ出来ません。

・同価格なら、確実にスペックが低い。
・不要なソフトが大量にインストールされていて、起動時に立ち上がってくる。
・不要なソフトを消すのが大変
・サポートが悪い(特にネット購入した場合)
※おそらく家電売りが主体のため、まだ重点が置かれていない印象。


ネット購入だとサポートが不安


ネットで購入するとサポート面で不安という話も良く聞きます。
家電量販店で購入し、修理に持ち込んだ場合でも結局メーカーへ送っているだけです。
(家電量販店で修理しているのでは無いため、メーカーへ送付する手間を代行してくれているだけ)

ネット購入の場合は、電話かネット経由で修理依頼を申し込むと、大体希望時間にヤマトが取りに来てくれるので、伝票に必要事項を記載し、メーカーへ送るだけです。片道の送料は要求される場合がありますが、家に取りに来てくれる分、楽です。
これは、日本に支社がある海外メーカーでも同じで、特にサポートに不便を感じたことはありません。

また、サポートの点では、マウスコンピューターなどは、良い印象です。
https://www.mouse-jp.co.jp/mcj_service/

(おまけ)ウイルス対策ソフトは必要?

結論からいうと、Windows10の場合は必要ありません

標準で、WindowsDefender(ウィンドウズディフェンダー)というソフトが入っており、不正アクセスチェックやウイルスチェックも行ってくれています。

ただ、最新のウイルスに少し対応が遅い印象はありますが、個人利用では問題ないと思います。

すでに2015年からWindows10を毎日使い続けていますが、 WindowsDefender のみでPCがウイルスに感染したことはありません。

WindowsDefender で 定期的なウイルスチェックを実施するだけで、高価なウイルス対策ソフトを別途購入する必要性はないと思います。

嫁は2度ほどウイルスに感染したことがありますが WindowsDefender で削除して事なきを得ています。

長くなりましたが、以上が購入の際におすすめのポイントです。


ちなみに娘の友達のお母さんは、知っているメーカーが安心ということで最近乃木坂46がCMしているマウスコンピューターをおすすめしました(*^_^*)

パソコン購入の際の参考になると幸いです。

関連記事

  1. 商品レビュー

    卵アレルギーでも大丈夫。卵を使っていない花畑牧場の生キャラメルチーズケーキ

    卵アレルギーの上の子ケーキを少しは食べられるのですが、アレルギ…

  2. すかいらーく株主優待 配当金

    節約・マネー

    すかいらーくの株主優待券が届いたよ。

    最近は、NISA(ニーサ)に関するものや○谷さんなどの優待生活などの書…

  3. 節約・マネー

    トイザらス ブラックフライデーがすごい!11月23日0時スタート!

    トイザらスのブラックフライデーが明日からスタートします。たま~…

  4. 商品レビュー

    海にプールに参観日に!スリーコインズのシューズケースが便利

    先日、投稿したフック付きマルチポーチと同じラインで発売されていたシュ…

  5. 商品レビュー

    面倒なトイレ掃除を車の撥水剤でコーティングして少しでも簡単にする技

    暑い時期、寒い時期 どちらの季節でも狭いトイレ内で掃除をするのはなか…

  6. 高速道路の豆知識 特別転回

    節約・マネー

    インターチェンジを通り過ぎたらどうする? お出かけシーズン!高速道路の豆知識あれこれ

    そろそろ、真夏の暑さも和らいできて、子供と出かけることが増えるシーズン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサー リンク

  1. 100均

    おしりふき対決!ムーニー、赤ちゃん本舗のおしりふき3種を比べてみました
  2. 100均

    【セリア】ハンカチスタンドで通学ソックス収納
  3. 100均

    かなり使えます。キュキュットクリア泡スプレーであらゆる場所を掃除&洗濯…
  4. 100均

    ダイソー新商品 「ダブルウォールグラス」水滴つかないし飲み物が長時間冷えたままで…
  5. 100均

    NEXT(ネクスト)で子ども服をまとめ買いレビュー
PAGE TOP