時短・ワンオペ

忙しい朝の時短に♪もうお湯の量を測らなくていい♪スープ作りに超便利なドルチェグストの使い方

私史上最大の発見!(←すでに浸透している情報かもしれないので検索していませんw)

 

インスタントスープや暖かい飲み物を作るときに電気ケトルを使っているのですが一連の作業がストレスでした。

電気ケトルに水を測って入れるのが嫌適当に入れるカップに注ぐお湯残る(もったいない)←測って入れろよというところなんですが…

ちなみにカップに注ぐときもいつも適当なのでスープが濃かったり少なかったり…w

そんな中ドルチェグストでコーヒーを入れているときに、いつも一定量が出てくるのっていいなぁ…

 

お湯が出てくればウォーターサーバーみたいで最高なのに…とふと考えているときに、ポーションなかったらお湯だけ出てくるんじゃね!?

という考えに至りました\(^o^)/

これが大成功(TдT)

電源入れてちょっと待てば、スイッチひとつで毎回同じ量が出てきますよ~(*´ω`*)

メモリにたいして何ml出てくるのか?

使っているのは↑このタイプ

緑色に光っているメモリの数でお湯の量を調節できます。

このタイプでないとお湯は計測できないようです。

お湯の量を計測してみました

 

メモリの数 出てくるお湯の量
1 50cc
2 80cc
3 100cc
4 130cc
5 150cc
6 180cc
7 250cc

意外と細かい設定です\(◎o◎)/

カプセルに合わせて細かく設定してあるからラテやコーヒーがおいしいんですね。

インスタントスープのお湯の量の設定が大体150ccなので5メモリくらいがいい感じです^^

温度は何度?

温度も測ってみました。

およそ70℃。

カップの材質や季節によって変わってくると思われますが、これってミルクの調乳にも使えるんじゃ…(小声)

衛生面とか考えるとギリギリ?新生児や小さい赤ちゃんには厳しいかな?

床を舐めたり離乳食ガンガン食べるくらいに大きくなった子のミルクの調乳には使っても大丈夫そう。

熱々が好きな方やカップ麺には向かず…残念(・∀・)

お湯を注ぎながら混ぜることも可能

カップの口が広ければお湯を入れながら混ぜることもできます。

底に粉がたまらないので便利です。

 

主に朝のスープ作りに使っていますが、適量の水を測らなくていいだけでも楽になりました(*´ω`*)

これからは粉をカップに入れて混ぜるだけのミルクティーやゆず茶にも活躍してくれそうです。

参考になると幸いです\(^o^)/

ちなみに本体が一番安いのはココでした。4740円 ヨドバシカメラ

 

 



にほんブログ村 子育てブログへ


楽天room

-時短・ワンオペ
-, ,

Copyright© ママズハッカー[mama's hacker] , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.