100均

カリッ!サクッ! ” からあげ ” や ” 天ぷら ”を簡単に美味しくする油。お弁当でも美味しく揚げ物

皆さんは揚げ物料理をする際、どのような油を使うことが多いですか?

私は、最近まで大体、揚げ物をするときにはサラダ油やキャノーラ油を使っていたのですが、最近 ライスブランオイル(こめ油) というオイルに替えてみたところ、ものすごーく美味しい揚げ物が出来るようになりました。

小学校に入学した長女はアレルギーの為、週に何度かお弁当を作ることになりましたが、大好きな唐揚げが美味しくなったと結構好評(^o^)

今回は、ライスブランオイルで揚げ物をすることのメリット、注意点などを紹介したいと思います。

そもそも「ライスブランオイル」って何?

ライスブランオイルとは、米ぬかから取れたオイルのことで、一般的には「こめ油」「米ぬか油」「玄米油」という商品名が多いように思います。

オリーブオイルに比べて、あまりまだ馴染みが少ないオイルですが、効果効能もオリーブオイルに負けないほど多く、健康志向の方にも愛用されているようです。

ライスブランオイルの効果
  • 米油には、オメガ6系脂肪酸のリノール酸が30%以上含まれ、コレステロールの低下、免疫機能の調節効果などに効果があると言われています。
  • 米油には抗酸化作用のビタミンEが豊富に含まれています。
  • 酸化しにくく、使用済油の独特の匂いが少ない。

米油成分・ライスブランオイル成分

ライスブランオイルのデメリット

◎価格が高い
揚げ物油として使うには、少し高いです。
1Lあたり600円~800円ですので、安売りキャノーラ油の2倍くらいですね。
我が家では炒めものをするときには、オリーブオイルを使っていましたので、オリーブオイルをやめ、揚げ物と炒めもの油をライスブランオイルのみに統一しました。

◎揚げ物をすると周囲に飛び散る油の量が増えた
感覚的ですが、サラダ油での揚げ物のときより、周囲に飛び散った油汚れが増えた気がします。

◎取扱いをしているスーパーが少ない
一般的な油になっていないため、どこのスーパーにいっても置いてあるということはないです。

やはり、価格の面では痛いところですが、我が家ではオリーブオイルをやめ、統一したことでやや割安感はあります。

あとは揚げ物の回数が多いと、厳しい面はあると思いますが、酸化が緩慢なので「漉し器」で越せばサラダ油よりもう少し再使用出来る感じです。
再使用油の酸化した匂いも少なく、サラダ油の再使用油より美味しく仕上がります。

周囲に飛び散る油の量は、感覚でしかありませんが、特に揚げ物のときに感じることが多いです。
しかし、サラダ油やキャノーラ油よりはサラッとしているためか、掃除は格段にしやすくなりました。
サラダ油の時の様にベトッとした感じでへばりついた感じがありません。

取扱スーパーが少ないので、どうしてもネットになってしまいます。
少し大きめのスーパーには、置いてあったりしますが、どこにでもあるという感じはなかったです。

ライスブランオイルの色

ライスブランの色は、薄い黄色です。
他のオイルよりサラッとした印象です。

ライスブランオイルを実際に使ってみて・・

揚げ物は確実に美味しくなりました。お弁当に入れても油ギトギト感は少なくなりました。
また、年齢的に揚げ物の油っこさがしつこくなってきていましたが、胃もたれ感なく美味しく食べれるように!(^o^)

野菜炒めも油っこさが少なくなり、少し料理の腕が上がったような錯覚が!?

市販されているオリーブオイルの中身も半分くらい他の油が混じってるという(^_^;) お話。
もし健康などに気を使っている方は是非お試ししてください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

築野食品 こめ油(1.5kg)【13_k】【rank】【TSUNO(築野食品)】
価格:879円(税込、送料別) (2018/5/1時点)



にほんブログ村 子育てブログへ


楽天room

-100均
-,

Copyright© ママズハッカー[mama's hacker] , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.